マニュアルを読みやすくしよう|翻訳が運用の鍵

婦人

製品の取扱説明書とは

パソコンを持つ女性

最近はグローバル化時代を迎え、製品やサービスも世界各国と流通する時代になって来ています。その際に製品やソフトなどでは翻訳された取扱説明書やマニュアルが欠かせません。専門用語も多くあり依頼するには単価だけでなく精度や信用度によって選択が成されるようになって来ています。

もっと読む

言語と技術スキルが必要

ペン

マニュアルと言うのは手引きを解説する専門書であり、マニュアル翻訳に求められることは原文に書かれている事の理解力と翻訳言語スキルの2つが求められます。そのため、翻訳会社を選ぶ場合には対象技術や言語に対するスキル、そして経験や実績を持つ会社を選ぶ事が大切です。

もっと読む

読みやすいことが重要

眼鏡とノート

直訳は避ける

マニュアルの翻訳をする場合は、読みやすさが一番重要になります。その製品を使うユーザーが日本語のマニュアルを読んで、自然で分かりやすいと感じる訳文を作り上げなければなりません。翻訳会社に依頼すれば、自然で分かりやすい訳になるのですが、読みやすさにはこだわりましょう。マニュアルの翻訳の場合は、文書の量が多いので、ソフトが使われることが多いです。ソフトを使った後に、訳者が訳文を見直して、最終稿を作ります。ソフトを使うと、どうしても訳文が直訳調の不自然なものになってしまうことがあります。それを直すのが翻訳者の仕事ですが、チェックが行き届かない場合もあります。マニュアルの訳の質を確かめるために、少ない分量の翻訳をまず依頼するのが良い方法です。

国外の会社に依頼する

マニュアルの翻訳の場合は、国外の会社に依頼することもできます。インターネットを使えば、文書のやり取りはすぐにできるので、短い時間の間に大量のマニュアルを訳さなければならない時は、海外の会社も選択肢の一つに入れてみましょう。海外の翻訳会社でも日本人が働いていることがあります。日本人のスタッフがいれば、仕事の依頼は容易になります。海外の会社に頼めば、時差を利用して仕事をすることができます。日本で夜間の場合でも現地で昼間だったら、その会社のスタッフが仕事をしてくれるので、締め切りが迫っている場合でも比較的早く翻訳を終わらせることが可能になります。海外の会社に依頼する時は、クレジットカードを使った方が決済がスムーズにできます。

海外の手引書を使うために

国際交流

海外のマニュアルを翻訳することを、ローカライズと呼びます。これは文化の違いを考慮した言葉の置き換えが必要だからです。また専門性の高い単語などを正確に翻訳するために、場合によっては複数の業者に依頼することも大切です。

もっと読む