クレンジングバームでメイク汚れをしっかり落とそう
ロゴ

クレンジングバームで肌も大喜び!毛穴までしっかり汚れを落とそう

クレンジングバームでメイク汚れをしっかり落とそう

泡

クレンジングバームとは?

ネットランキングでトップを独占中のクレンジングバーム。何者なのか気になっている人も多いでしょう。クレンジングの中で洗浄力が高く、肌への密着度が高いことで知られています。というのもクレンジングバーム自体がクリーム系ですが、手の平に乗せた瞬間オイルに変身し、隅々まで浸透します。これがよく落ちる理由の一つなのです。

レディ

ティントリップも落ちるのか?

海外生まれの話題コスメティントリップの特徴は、水や食事を摂っても簡単に落ちないことです。こちらもクレンジングバーム同様密着度が高いため、クレンジングで落とすことが必要です。そんなティントリップの魅力は、落ちにくいだけでなく発色が良く、色っぽいメイクが可能になることです。40代といえば、唇や肌のくすみがだいぶ目立つ年代ですから、発色のいいティントリップは欠かせない存在です。

洗顔

気になる使用量

クレンジングバームを使用する際は、顔や手を濡らさず乾燥した状態で使わないと汚れが落ちにくくなるので注意しましょう。適量を手のひらにとり、手で顔を優しく抑えながら馴染ませていきます。優しくなでるようにケアをし、ぬるま湯で丁寧に落とせば完了です。

クレンジングバームとオイルの違い

オイルの場合

化粧落としのプロフェッショナルなので、他の商品に比べて洗浄力はぴか一です。反面、肌への負担は大きいため敏感になりがちな40代の肌にはあまりおすすめできないでしょう。ただ、濃いメイクをした時は役立つので、メイクの状態によって使い分けるといいかもしれません。

クレンジングバームの場合

とにかく優しい洗い上げが特徴です。オイルのようにただ汚れを落とすわけではなく、しっとり感が味わえるため敏感肌や乾燥肌に使える究極の商品です。しかし物によっては洗浄力が落ちるため、オイルと同じく使い分けが必要です。

広告募集中