マニュアルを読みやすくしよう|翻訳が運用の鍵

男の人

言語と技術スキルが必要

ペン

原文の理解力

マニュアルは取扱説明書のような操作説明書、電子機器や自動車などを修理する時に利用する技術書などの解説を行う書物で在り、翻訳者に求められる事は原文に書かれている事へのスキルの有無になります。取扱説明書の中には専門的な用語が記載されており、初めて利用する人に対して解り易く表現することが求められるため、専門的な知識が必要になります。また、電子機器や自動車の修理マニュアルは修理エンジニアが短時間で修理を行えるために必要な手引書で在るため、原文に書かれている内容についての理解力とそれを解り易く説明するための翻訳言語スキルが求められます。専門用語が多数出てくるのがマニュアルの特徴でもあり、専門用語の理解力と言語力が求められます。

経験と実績が必要です

マニュアル翻訳には経験と実績と言う事が重視されます。日常会話の翻訳であれば、人が話をしている事を英語に訳したり、フランス語に訳したりと言った具合に、言語スキルが在れば良いのですが、マニュアルの場合は専門用語が多く登場するため、専門用語に対するスキルが求められます。更に、技術と言うのは日々進歩しているため、新しい技術について精通している事も求められるのが特徴で、翻訳会社を選ぶ時には経験や実績を持つ会社を選ぶことで読み手に優しいマニュアル翻訳を可能にしてくれます。また、マニュアルは読み手が誤解を招くような表現を使わないと言う事もマニュアル翻訳には求められるため、専門的知識を持つ翻訳者が出来る分野と言われています。