マニュアルを読みやすくしよう|翻訳が運用の鍵

男の人

海外の手引書を使うために

国際交流

人気が高い理由とは

国際化が進む中で、海外資本が日本にも入り込み、外資系企業や海外資本の日本法人も増えています。そこで問題になるのが、海外の商品や業務システムをどのように日本向けに使えるようにするかです。そのマニュアルを翻訳することをローカライズと呼びますが、単なる翻訳とは異なります。文化の違いなども考慮して行う必要があるからです。そこで、そのマニュアル翻訳を手掛ける会社が人気を集めています。マニュアルにはかなり専門的な記述もあることから、多方面の技術に精通した会社は特に人気があります。大手企業や官公庁などから依頼を受けるところは、安心できると言えます。また専属のコンシェルジェがついているなど、問い合わせに対するレスポンスが早い業者も需要が多いものです。

知っておきたい豆知識

海外のマニュアルを翻訳するにあたっては、一般的に複数の業者に分けて依頼するのが通例です。というのも、翻訳会社にも得手不得手があるからです。例えば使用されている挿絵や写真などをそのまま流用しても良いのかどうか、その判断を下せる業者もいます。文化の違いによってそのまま流用すると問題があるケースもあるからです。また専門用語も、その分野に詳しい業者に翻訳を任せることになります。機械の操作方法など、細かな点でも間違いや不正確な部分があると、大きな事故につながる恐れがあります。また、翻訳を行う前に全体像を先に把握しておくことも大切です。必要な素材はすべて揃っているか、足りなければデータを用意しておくことも必要です。