マニュアルを読みやすくしよう|翻訳が運用の鍵

男の人

製品の取扱説明書とは

パソコンを持つ女性

マニュアルとは取扱説明書や手引書のことで、輸入品の製品の使い方について理解が得られないと事故に繋がったり使えず終いになることも考えられます。あるいは我が国から外国に向けて製品を輸出する際にも相手国に対して安全に使ってもらうには整ったその国の言語に訳されたマニュアルが必要となります。最近はネットワーク機器とかアプリケーションソフト、精密機器とかの流通も多くあり翻訳されたマニュアルや取扱説明書が必要なことから翻訳サービスは重要になって来ています。製作期間に期限のある製品の場合には短期間でこれをこなす必要から専門の翻訳チームが担当することがあります。用語集を共有したりチェックを重ね、クライアントとの確認や修正を行って納品します。料金は1文字や1ページ当りの単価は言語によっても違って来ます。無料で翻訳の試せるサイトもあり、その精度の良さで人気のところも有ります。

マニュアル翻訳についてはオールラウンドな翻訳会社ではなくてこれに特化した会社を選ぶことが大切です。取扱が簡単であればマニュアルもシンプルにできますが、製品などによってその奥行きも違うものです。大規模なものになる場合には機械的な翻訳では不足で取り扱い方や運用方法、メンテナンス方法、問題の起こったときの対処方法など用意する必要がありますので正確でかつ分かり易いものを用意する必要があります。そのためには専門分野ごとに専門用語に通じた知識や技術翻訳の経験が豊富な翻訳者が欠かせません。翻訳の単価に関してはただ安いことを基準とすることはできず、もし瑕疵が起きたときには責任問題に発展する可能性もありますので、信用のある会社に依頼することになります。